FC2ブログ

Go for and back to 70's

70年代の若かりし頃に帰る心持ちで先の70を目指す

2019-04-24-Wed-16:54

雨ですね

イースターが終わって少しゆっくりしています。

金曜日の聖書100週間の予習をしたり

なんか頭を使ったら

甘いものが欲しくなり

ブラウニーズを作りました。

fHLIlDiOR5_MXuOdXn275g_convert_20190424164544.jpg

野菜が冷蔵庫に残ってたので500gの野菜を使って甘酢漬けも作りました。

_Alck1xaRGah7_RIhOvVIQ_convert_20190424164608.jpg

タッパーに入れて冷蔵庫へ
保存食です。

走らないと!!!
と思っていますが
汗ばむ季節になり
なかなかその気になれません。
気長にいきましょう。。



スポンサーサイト
2019-04-22-Mon-09:52

主の復活日

HAPPY EASTER!!

fullsizeoutput_86b_convert_20190422092835.jpeg
ろうそく点灯前の祭壇

復活の白
復活祭はキリスト教の最大のお祭りです

キリストは世の光
神に感謝

復活祭の礼拝、聖餐式の後
会員・来客共に復活の喜びの食事を共にしました。

fullsizeoutput_86c_convert_20190422092903.jpeg
サンドイッチ、いなり寿司、スープ、サラダ、デザート、クッキーと会員手作りのご馳走が並びました。
神に感謝です!美味しかった!!!

fullsizeoutput_86a_convert_20190422092924.jpeg
イースターエッグ

カナダの孫が庭で卵探し(エッグハント)をしている動画が送られてきました。
寒い冬を越え、庭に出れるようになってまさに春を楽しんでいる様子が伝わってきました。


歩行者が巻き込まれる自動車やバスの暴走事故、スリランカでのホテル・キリスト教会を狙ったテロ事件と悲しいことが相次いで起こっています。我々には明日、いや、一瞬先のことさえどうなるかわからないのです。

全て神の御心のままに
復活の主を信じて神に委ねましょう。

「たとえ明日世界が滅びようとも私は今日りんごの木を植える」
宗教改革者 マルティン・ルターの言葉です


2019-04-20-Sat-22:58

復活前夜徹夜礼拝

今日は過ぎ越しの聖なる三日間特別礼拝の最終日

イースター・ヴィジル(復活前夜徹夜礼拝)が所属教会でありました。2世紀ごろの教会では深夜に徹夜で行われていたそうですが、現在の我々は略式で午後6時から行われました。


礼拝は
招きに始まり、
復活ろうそくの点火

そして集いの祈りへと続きます。
朗読1から9まで
朗読の後に祈りがありその繰り返しを9回
朗読は創世記、出エジプト記、イザヤ書、箴言、エゼキエル書、ゼファニャ書から

使徒書の朗読
グロリア
復活の朗読
賛美歌

洗礼の感謝
感謝の祈り
教会の祈り
平和の挨拶
賛美歌

聖餐
設定辞
主の祈り
聖餐の祈り
聖餐の招き
陪餐
聖餐の感謝

派遣
賛美歌
感謝の捧げ物
派遣の祈り
派遣と祝祷


礼拝後に青年会の集いがあり食事を共にしました。
その後、旦那さんと二人で歩いて帰宅。

JXsrE7K7QFuxWbshxia3yQ_convert_20190420215718.jpg
ポートタワーとお月さま

2BV0rGP5TP6rXeKqFJn95g_convert_20190420215846.jpg


夜9時過ぎにマンションに到着すると、鍵のかかる駐輪場に今朝から止めていた旦那さんのロードバイクが駐輪場から持ち出されてマンションフロントドアの前に置かれていました。
なんで??
自転車の後輪タイヤは回せないように鍵はついたままでした。
誰かが車で持って行こうとした??

本当に一瞬の出来事でした。
急いでエレベーターで部屋に持ち帰りました。
帰る時間が5分早かっても遅かっても旦那さんのロードバイクは消えていたかも知れない。
須磨でも同じように鍵のかかる駐輪場があって、旦那さんのロードバイクとミニベロとMTBと3台止めていたのですが、持っていかれたり動かされたことは一度もありませんでした。
ここはやはり都会なんだな〜と感じました。
先日MTBを譲って借りている駐輪場が一台分空いたので旦那さんがロードバイクを今朝止めたばかりのことでした。

マンション住人の顔はほとんど知らないし
改めて都会生活なんやなと再認識
人を疑ぐるのは良くないですが
どう考えてもマンション前に旦那さんのロードバイクが置かれていたのはおかしい。。

あまり礼拝に行かない旦那さん、今夜の礼拝はとてもよかった!その後の散歩もよかった!といつになくご機嫌でしたので、なんか神様に守られたのでしょうか。


今日の運動

Walk 6.5km


2019-04-20-Sat-07:07

十字架の道行きの祈り

昨日の聖金曜日

主イエスが十字架にかけられ息を引き取った時間の午後3時から教会で十字架の道行きの祈りの時がありました。

主イエスの悲しみの道(ヴィア・ドロローサ)をたどって黙想しました。

「十字架の道行き」とは
14世紀にエルサレムを訪れた巡礼者が、イエス様がピラトの審判を受けた場所から墓に納められたところまでの十字架の道程(ヴィア・クルス)を案内され、特定の場所で主の十字架の歩みを黙想しお祈りをしました。以来、各地にこれに似せた場所ができてゆき、やがて会堂内に絵画や彫刻を飾って祈りが行われるようになりました。留(スタティオ)と呼ばれる場面の数は、初めは不定でしたが、やがて14になりました。

うちの教会でも毎年聖週間には会堂内の窓際に14の絵画が飾られてその場面を辿りながらお祈りします。

本日は20世紀フランスの現代的でユニークな祈り集「神に聴くすべを知っているなら」(ミシェル・クオスト著)を使用しました。とても深い祈りでした。


キリストは十字架を背負ってゴルゴタまでの道のり、何度も転びながら歩いていかれました。そのことを覚えながら、リュックに荷物を背負って教会までの往復を歩きました。


19日の運動

Walk 10km

行き55分 帰り47分
行きは歩き、帰りは走ったり歩いたりで8分短縮。
2019-04-18-Thu-18:29

聖木曜日

過ぎ越しの聖なる三日間特別礼拝が始まりました。

今日は聖木曜日〈洗足と聖晩餐設定日の祈り〉でした。

賛美歌
初めの言葉
集会の祈り
聖書朗読①
共同祈願
洗足
感謝の賛歌
聖書朗読②
共同祈願
聖書朗読③
感謝の賛歌
奨励
賛美歌
聖餐の招き
設定辞
主の祈り
聖餐の祈り
聖餐の招き
陪餐
聖餐の感謝
祝祷
賛美歌

今日は平日でもあり陪餐者は少なかったですが、祈りのひと時を持てて感謝でした。

fu8tJeh9Smm3zAEu7yF2hg_convert_20190418180620.jpg

xcSEyspCTaytlIMMPTxJ2A_convert_20190418180650.jpg


今日の運動

Bike(ラレー号で教会往復)10km
Walk(買い物)2.5km


自転車で何度か教会へ行ってるが、教会近くになってからいつも迷う。歩いて行っても同じように同じとこらへんで迷う。。

HOME NEXT