Go for and back to 70's

70年代の若かりし頃に帰る心持ちで先の70を目指す

2018-02-12-Mon-20:21

不在の神への祈り

毎日寒いですね。こう寒いとほんとに疲れますね。
ここ須磨は比較的暖かいのですが、今年は違う。晴れていてもベランダから海を眺めると白波が立ってて風が強いのがわかる。風が強いと体感温度がぐっと低くなって常に−0℃という日々が続いている現状。

IMG_2250_convert_20180212192142.jpg
晴れているけど雪花が散っている午後

昨日は教会でほぼ一日外出したので今日はどこへも行く気にならず。
先日買った本『寅さんとイエス』を読み終えました。

IMG_2253_convert_20180212192244.jpg

フーテンの寅さんとキリスト・イエスに現れる愛についてユーモアも交えながら比較考察していて、そう難解な宗教書じゃなくて、楽しみながら、且つ真面目に考えさせられる本でした。少し、いろんなことを盛り込み過ぎかな、という所はありましたが、タイトル買いした本としてはキリスト者じゃなくてもキリスト教の真髄がわかりやすく書いてあって良いのではないかと思いました。

この本の中で少し引用されていたフランスの思想家シモーヌ・ヴェイユのところがとても印象に残ったので書いておきます。

 シモーヌ・ヴェイユの『重力と恩寵』と題する書の中に珠玉のような言葉がちりばめられている。その中に《時間を捨て去ること》という項目があり、「清められるための一つの方法。神に祈ること。それも人に知られぬようにひそかに祈るというだけでなく、神は存在しないと思いつつ祈る」という言葉がある。マタイ福音書6章6節に「祈るときは奥まった部屋に入り、扉を閉め、隠れてまします神に祈れ」とあり、従って「人知れずひそかに」祈ることは聖書に書かれているのだが、問題は「神は存在しないと思いつつ」祈るというひと言である。これ、まさに不在の神への祈りである。

不条理のただ中で神に祈る「神よ、あなたはいったいどこにおられるのか」どんなに問うても神はただ沈黙している。これ当に、遠藤周作の『沈黙』ですね。 また、イエスが十字架上で断末魔の中で叫ぶ「わが神、わが神、どうして私を見捨てられたのか!」という叫びと共通するものである。

そのままイエスが死んでしまえばほんとに神は不在となるが、そのイエスを神は復活させたのである。ここに救いがある。

また、フランスのユダヤ人哲学者 レヴィナスはこう言っている。

 神はまるで存在しないかのごとく姿を隠しながら、悪人にも善人にも陽を降らせ、一つ一つの、一人一人のかけがえのない存在に花を咲かせる。
 その神に我々は気づかない。しかし、神の不在は、我々が他者のまなざしから逃げることに存する。神は餓えた者、渇いた者、社会から排除された者、病いで苦しんでいる者、犯罪者のレッテルを貼られた者を通して顕われる。


本当にどうしようもない苦境に立った時に神は共にいてくださるということをレヴィナスは教えてくれてるのではないでしょうか。振り返れば「あー、あの時に神は共にいてくれたんだ!」と思えるような出来事が、人生長く生きていると、一つや二つあるのではないでしょうか。


世界が平和でありますように

スポンサーサイト
2018-01-07-Sun-21:10

今年初礼拝

今年初めての日曜日
礼拝に行きました。今年は果たして何回日曜日の礼拝に与れるでしょうか。

顕現主日礼拝でした。

IMG_2101_convert_20180107203550.jpg

クリスマスにお生まれになった救い主イエスが我々の前に姿を顕された日とされています。
教会のクリスマスツリーは礼拝後に片付けられました。
我が家のクリスマスツリーも今日片付けました。今日からはイエスと共にイエスの光の中を歩むのです。

最近思うことですが、人生って
「人を愛してなんぼ」「生きている間にどれだけ人を愛することが出来たか」が問われるのじゃないかと。

難しいことですが、残りの人生、人を愛して暮らしていきたいものです。


教会からの帰り道(歩いて帰る途中で)長田神社に寄りました。
ここはカラフルなおみくじがあるとか聞いたので写真を撮ってきました。

IMG_2106_convert_20180107203628.jpg

はい、いろんな色のおみくじが木に結びつけられていました。おみくじをどうやって買うのかわからなかったので写真だけ撮らせて頂きました。

1月も7日ともなると初詣の人も少なくて境内は気持よかったです。


今日の運動

Walk 7.0km


2017-12-24-Sun-21:31

一足早いクリスマス

メリークリスマス!

12月24日クリスマスイブですが、日本のプロテスタント教会では25日が祝日でないため25日の前の日曜日にクリスマス礼拝を行う所が多いです。私の所属するルター派の教会も同じで今日は教会暦本来の『待降節第4主日礼拝』と25日の『降誕礼拝』をダブルでやるということが行われました。

そして午後は持ち寄りの祝会

IMG_1997_convert_20171224211220.jpg

IMG_1985_convert_20171224211148.jpg

朝早起きして作ったツリーポテトサラダ(自宅用)
教会用は大きめのを二つ。

娘ファミリーも一緒だったので祝会には残らず帰宅しました。
家でみんなで鍋を囲んだ後は

IMG_1994_convert_20171224211251.jpg

有馬記念見ながらプレゼント開封!!

私には娘夫婦からムートンの部屋履きが来ました。

IMG_2002_convert_20171224211329.jpg

メリークリスマス!

世界が平和でありますように

2017-12-18-Mon-21:57

クリスマスツリー出した

今年もクリスマスツリーを飾りました。
これから1月6日の顕現日まで我が家のツリーは飾られています。

IMG_1950_convert_20171218214800.jpg

朝からお掃除して押し入れの天袋にしまっているツリーの箱を取り出し、ついでに布団も整頓し、飾りつけ終わったら午後1時半になっていました。一人でもやれば出来る。ダンナさんの手伝いを待っていたらいつになるやら…なので何でも自分で出来ることは自分でします。これは昔からそう。

ツリーを飾るとクリスマスの気分になりますね〜。ウキウキワクワク


2017-11-08-Wed-21:02

葬式

私が子供の頃の田舎の葬式では、大人がよく酒を飲んでいた。

子供心に、なんであんなに酔っぱらって騒ぐんだろう?身近な人が亡くなったというのに・・・と思っていたが

この年になって葬式で酒を飲むことがよくわかるようになった。

お酒は冠婚葬祭、行事で飲めばいいのであって普段から飲む必要はない。

歓びの酒、悲しみの酒、どちらも有っていいと思う。

田舎暮らしをしていた時のこと。旧い慣習の残る地域だったので20年ほど前までは、お家での葬儀、隣組みが仕切り、地域ぐるみで通夜から葬儀までまるまる4日間の手伝いに出たものだ。酒宴の席を設け、女性は主に食事の世話、男性は祭壇作りに始まり、墓堀り(土葬のため)など。そして、男衆はずっと飲んでいた。

現代の簡略化された葬儀が忙しい現代社会においては仕方ない流れなのかもしれないが、死者を送り、その人を想い、残されたもの同士で悲しみを共有し、そのやり切れなさを酒で紛らわせる時間も必要なのではないか。


今日の葬式は冷たい雨の中

52歳という若さでの旅立ちだった。この2ヶ月で友人知人を3人を見送った。

黒の礼服が窮屈になって着れなくなったのでオーダーで作ったところだった。まさかこんなに早く着る機会が来ようとは、そして私よりも若い人の葬式でそれを着るようになるなんて思わなかった。綺麗な礼服だけど出来れば着たくなかったな。


主よ、汝はいにしえより、世々われらの住処にてましませり。
  山いまだなりいでず、
汝いまだ地と世界とを造りたまわざりし時、
  とこしえよりとこしえまで、汝は神なり。
なんじ人を塵にかえらしめてのたまわく、
  人の子よ、汝ら帰れと。
汝の目の前には、千年もすでに過ぐる昨日のごとく、
  また夜の間のひとときに同じ。
汝これらを大水の如く、流れ去らしめたもう、
  彼らは一夜の眠りの如く、朝に生えいずる青草の如し。
あしたに生えいでて栄え、
  夕べには刈られて枯るるなり。
我らは汝の怒りによりて消えうせ、
  汝のいきどおりによりて怖じまどう。
汝われらの不義を、みまえにおき、
  我らの隠れたる罪を、御顔の光のなかにおきたまえり。
我らのもろもろの日は、汝の怒りによりて過ぎ去り、
  我らがすべての年の尽くるは、一息の如し。
我らが年を経る日は七十歳に過ぎず、
  あるいは健やかにして八十歳にいたらん。
されどその誇るところは、勤労と悲しみとのみ、
  その去りゆくこと速やかにして、我らもまた飛びされり。
誰か汝の怒りの力を知らんや、
  誰か汝をおそるる恐れにたくらべて、汝のいきどおりを知らんや。
願わくは我らに己が日を数うることを教えて、
  知恵の心を得しめたまえ。
主よ、かえりたまえ、かくて幾何の時を経たもうや、
  願わくは汝のしもべらにかかわれる御心を変えたまえ。
願わくは朝に我らを汝の憐みにてあきたらしめ、
  世終わるまで喜びたのしませたまえ。
汝が我らを苦しめたまえるもろもろの日と、我らが災いかかれるもろもろの年とにたくらべて、
  我らをたのしませたまえ。
汝のみわざを、汝のしもべらに、
  汝の栄光を、その子らにあらわしたまえ。
かくて我らの神、主の美しきを、我らの上にのぞましめ、
  我らの手のわざを、我らの上にかたらかしめたまえ、
  願わくは我らの手のわざを、かたらかしめたまえ。
   (詩篇90篇)



HOME NEXT