Go for and back to 70's

70年代の若かりし頃に帰る心持ちで先の70を目指す

2017-11-08-Wed-21:02

葬式

私が子供の頃の田舎の葬式では、大人がよく酒を飲んでいた。

子供心に、なんであんなに酔っぱらって騒ぐんだろう?身近な人が亡くなったというのに・・・と思っていたが

この年になって葬式で酒を飲むことがよくわかるようになった。

お酒は冠婚葬祭、行事で飲めばいいのであって普段から飲む必要はない。

歓びの酒、悲しみの酒、どちらも有っていいと思う。

田舎暮らしをしていた時のこと。旧い慣習の残る地域だったので20年ほど前までは、お家での葬儀、隣組みが仕切り、地域ぐるみで通夜から葬儀までまるまる4日間の手伝いに出たものだ。酒宴の席を設け、女性は主に食事の世話、男性は祭壇作りに始まり、墓堀り(土葬のため)など。そして、男衆はずっと飲んでいた。

現代の簡略化された葬儀が忙しい現代社会においては仕方ない流れなのかもしれないが、死者を送り、その人を想い、残されたもの同士で悲しみを共有し、そのやり切れなさを酒で紛らわせる時間も必要なのではないか。


今日の葬式は冷たい雨の中

52歳という若さでの旅立ちだった。この2ヶ月で友人知人を3人を見送った。

黒の礼服が窮屈になって着れなくなったのでオーダーで作ったところだった。まさかこんなに早く着る機会が来ようとは、そして私よりも若い人の葬式でそれを着るようになるなんて思わなかった。綺麗な礼服だけど出来れば着たくなかったな。


主よ、汝はいにしえより、世々われらの住処にてましませり。
  山いまだなりいでず、
汝いまだ地と世界とを造りたまわざりし時、
  とこしえよりとこしえまで、汝は神なり。
なんじ人を塵にかえらしめてのたまわく、
  人の子よ、汝ら帰れと。
汝の目の前には、千年もすでに過ぐる昨日のごとく、
  また夜の間のひとときに同じ。
汝これらを大水の如く、流れ去らしめたもう、
  彼らは一夜の眠りの如く、朝に生えいずる青草の如し。
あしたに生えいでて栄え、
  夕べには刈られて枯るるなり。
我らは汝の怒りによりて消えうせ、
  汝のいきどおりによりて怖じまどう。
汝われらの不義を、みまえにおき、
  我らの隠れたる罪を、御顔の光のなかにおきたまえり。
我らのもろもろの日は、汝の怒りによりて過ぎ去り、
  我らがすべての年の尽くるは、一息の如し。
我らが年を経る日は七十歳に過ぎず、
  あるいは健やかにして八十歳にいたらん。
されどその誇るところは、勤労と悲しみとのみ、
  その去りゆくこと速やかにして、我らもまた飛びされり。
誰か汝の怒りの力を知らんや、
  誰か汝をおそるる恐れにたくらべて、汝のいきどおりを知らんや。
願わくは我らに己が日を数うることを教えて、
  知恵の心を得しめたまえ。
主よ、かえりたまえ、かくて幾何の時を経たもうや、
  願わくは汝のしもべらにかかわれる御心を変えたまえ。
願わくは朝に我らを汝の憐みにてあきたらしめ、
  世終わるまで喜びたのしませたまえ。
汝が我らを苦しめたまえるもろもろの日と、我らが災いかかれるもろもろの年とにたくらべて、
  我らをたのしませたまえ。
汝のみわざを、汝のしもべらに、
  汝の栄光を、その子らにあらわしたまえ。
かくて我らの神、主の美しきを、我らの上にのぞましめ、
  我らの手のわざを、我らの上にかたらかしめたまえ、
  願わくは我らの手のわざを、かたらかしめたまえ。
   (詩篇90篇)



スポンサーサイト
2017-07-09-Sun-21:47

日曜日は教会へ

聖卓に飾られたお花が夏らしくて爽やかでした。

IMG_0996_convert_20170709211710.jpg

毎月第2日曜日は礼拝後に婦人会(今はなぜか女性会と呼んでいる)例会があります。
礼拝後に手作り(今日はそうめん)昼食を頂き、さっと片付けして会が始まります。
当番の人の司会で、讃美歌、お祈り、そして聖書研究。8月はお休みなので2ヶ月分の聖書箇所を読み、解説を読み、牧師のお話し、質問等々。聖書研究が終わったら諸々の話し合い。何年も前からやり方は変わっていない。

盛りだくさんですね〜。朝の説教がどんなお話しだったのか、この頃にはすっかり忘れています(笑)
教会員は遠方の人も多く、教会に何度も足を運べないので、月一礼拝後にミーティングをやることになります。

月一に纏めてお勉強するわけですから(私の場合)頭が破裂しそうです。じっと椅子に座っとくのも辛抱がいりますね〜。会自体はみなさん笑顔の素敵な良い人ばかりなので和気あいあいと、苦痛ではなく、むしろ楽しく進んで行くのですが、終わって帰るとどっと疲れが!!! 

朝からながぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜い。任務を遂行した兵士の気分。

(これも全て神の計画なのか)

教会帰りに電車でジムへ寄って泳いで帰ろうと水着と洗面道具を鞄に入れていたのですが、気持ちがジムの方に向かず、マンション方面に向いたので、せめて少しでも今日の運動はしとこうと歩いて帰りました。


今日の運動

Walk 8.0km ほど



2017-05-03-Wed-23:18

教会の結婚式

教会員の方の結婚式でした。

式は12時からだったのですが、お茶の用意とか誘導係を頼まれていたので11時前に教会に到着。

IMG_0702_convert_20170503222557.jpg

結婚式の雰囲気になっています。プロのカメラマンの方がカメラをセットしていました。

2年前の娘の結婚式を思い出しますが、その時は花嫁の母という立場だったので、朝から自分の着付けとかで忙しく、どういう雰囲気の結婚式だったのかよく憶えていないのですが、その時に出席して下さった教会員の方が、随分雰囲気が違うとおっしゃられていたので、同じ教会の式でも違うように見えるのだなあと妙に感心したのです。今日はご親族の方が多く、娘の時は友達が多くて、それも教会関係の友達が多かったので年代差で違って見えたのかも知れません。

教会の結婚式で思い出すのは
なんたって自分の時でしょう(笑)

1975年4月5日イースター後の最初の土曜日でした。

IMG_0712_convert_20170503223352.jpg
日本基督教団屋島教会にて

若いな〜(笑)
この時はまだキリスト教の信者じゃなかったけど教会の方にお世話になりました。お金もない若い二人を迎えてくれて、式を挙げてくれました。おひげの長い野町牧師先生に司式をして頂いた事、会堂が寒かった事「健康な時も病める時も互いに助け合い神が二人を引き離すまで共にいること・・・」を誓った事を思い出します。

この時に教会で求めた口語訳の聖書は今、ダンナさんが熱心に読んでいます。人生とは不思議です。

2017-04-17-Mon-00:26

Happy Easter!

復活祭おめでとうございます!

今年のイースターは家族バラバラでしたね〜。

ちょっぴり寂しい。

いつか家族みんなで孫3人も一緒にイースターをお祝いできる日がくる事を希ってお祈りする事にします。

イースターを象徴する百合の花(私の最も好きな花です)

E38386E38383E3839DE382A6E383A6E383AA-thumbnail2.jpg

イースターリリーは日本原産(沖縄、奄美地方)の鉄砲百合なんです。鉄砲百合は1819年にシーボルトによりイギリスへ渡りヨーロッパのユリ(マドンナリリー)よりも日本の百合の方が好まれイースターリリーとなりました。

ユリの球根の商業生産は最初に1853年にバミューダ島で始まりましたが、ウイルスと線虫の蔓延によって1898 年に壊滅的打撃を受けました。そして、1800年代後半に米国に移り1898年以降日本と米国南部の双方に集中しました。米国は第二次世界大戦中に日本産の球根に依存しないようにするために、球根の新生産地を米国の北西部に確立しました。今日、球根生産の中心地はミシガン州です。


ハレルヤ!


15日の運動

Swim 1.2km
Run 5.2km
Walk 3.2km

16日の運動

Swim 0.8km
Bike 3.2km(タイレル号)
Run 5.3km


2017-04-15-Sat-01:58

熊本地震一年の祈り

日々の忙しさに感けてもはや忘れてしまいそうになる熊本地震ですが、一年が経ちました。

「熊本地震」1年の祈り

「主よ、わたしの祈りを聞いてください。
 この叫びがあなたに届きますように。
 苦難がわたしを襲う日に、
 御顔を隠すことなく、御耳を向け、
 あなたを呼ぶとき、急いで答えてください。」(詩編102:2-3)

全能の神よ。
キリストの受難と復活を覚えるこの時、共に心をあわせて祈り、「熊本地震」により犠牲になられた方々を哀悼します。

主よ、震災の発生から1年が経過しましたが、今なお悲しみと苦しみの中にある、被災された方々の上に、神様の慰めとお守りがありますように。
また復興と救援の活動を続けておられる方々の上に、神様の助けと支えがありますように。

主よ。あなたは悲しむ人を慰め、苦しむ人に力を与えてくださいます。
愛する家族を失った方々に、あなたの豊かな慰めを与えてください。
痛みを負い、希望を失っている方々を、あなたの希望と平安とで満たしてください。
避難を余儀なくされている方々を労り励まし、あなたの手でお支えください。
苦しみの中にある方々の上に、あなたの最善の恵みとお導きをお与えください。

主よ、どうぞ私たちの祈りをお聞きください。
苦難を担われることで、すべての苦しみとつながってくださる十字架のキリストのお名前によって祈ります。
アーメン


祈りの連帯に与りましょう

HOME NEXT