Go for and back to 70's

70年代の若かりし頃に帰る心持ちで先の70を目指す

2013-03-02-Sat-21:38

オルガンミサ曲堪能♪

所属教会のオルガニストをはじめ、4人の方が演奏するパイプオルガンコンサートが六甲の神戸松蔭女子学院大学のチャペルで開催され、友人と一緒に聴きに行ってきました。

阪急六甲駅で降りるのは初めて。今日はまた冬型気候で電車を降りるなり雪がチラチラ舞って寒かった〜。坂を上ってゆくと神戸大学とか六甲高校などが高台にあり、坂を降りてくる多くの学生さんたちとすれ違いました。


なかなか面白い建築の六甲カトリック教会
IMG_4078_convert_20130302205306.jpg

IMG_4079_convert_20130302205351.jpg

さらに坂を上ってやっと神戸松蔭女子学院大学に到着
IMG_4082_convert_20130302205449.jpg

St. Maria Chapel 内部
IMG_4091_convert_20130302205622.jpg

IMG_4090_convert_20130302205555.jpg
ステンドグラスがきれいです。

後ろを振り仰ぐと中2階に立派なパイプオルガンがでんと据えられていました!
IMG_4088_convert_20130302205520.jpg

若い頃はオルガンの音色が大好きでバッハの曲をレコードで聞いたり、結婚式を挙げた四国の教会にパイプオルガンがあり、そこで時々オルガンコンサートがあると聞きに行ったりしていました。

今日はほんと久しぶりに本格的な教会音楽を楽しめました。4人の音楽家の演奏でしたがそれぞれにとてもよかったです。間で4回、会衆も一緒に讃美歌を歌ったのですが、歌声とオルガンが天上からチャペル全体に響き渡るような音色で感動しました。

今日の演奏会は〜教会音楽コース修了者による教会オルガニスト検定試験公開演奏でした。

知り合いのオルガニストはドイツで5年間本格的に教会オルガン演奏の勉強をされた方でドイツの教会オルガニスト教師資格も持っている素晴らしい演奏家なのです。いつもは教会の小さいオルガンで讃美歌伴奏をしてくれているのですが、やはり、本格的なパイプオルガンを弾くとその実力に圧倒されました!


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME